【評判】完全食ベースフードのリアルな感想!まずい?美味しい…?

【評判】完全食ベースフードのリアルな感想!まずい?美味しい…?

手軽に1日に必要な栄養素がまかなえるベースフード。

様々なメディアでも取り上げられていて、その知名度や人気はうなぎのぼりになっています。

とは言え、実際に買う気なると気になるのがその口コミや評判ですよね。

まずくて食べられないなんてなったら悲惨です。

この記事では、ベースフードのリアルな口コミ・評判や、実際にベースフードを食べてレビューをお伝えしていきます。

ベースフードを選ぶ参考にしていただければと思います。

完全栄養食、ベースフードって?

完全栄養食、ベースフードって?

ベースフードは1食で必要な栄養素が賄える完全栄養食です。

タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラルなど、必要な栄養素が一食に凝縮されています。

栄養バランスが整うことで疲れにくくなったり、お肌や胃腸の調子が良くなったりします。

筋トレをしている人では筋肉がつきやすくなったりという嬉しい効果も。

 

栄養バランスを意識して食事をとると何品も準備しなければならず、食費も時間もかかってしまいます。

ですが、ベースフードならたった一品で必要な栄養素を全部まかなうことができちゃいます。

さくっと栄養補給できることもあって、忙しいサラリーマンや主婦の方から人気を集めています。

ベースフードの種類

飲み物タイプの完全栄養食が多い中、ベースフードはパンと麺の2種類を展開しています。

ベースブレッドベースヌードルです。

どちらも調理が簡単で手間なく栄養を摂取することができます。

 

なお、ベースフードにはかつてパスタタイプのベースパスタや、ラーメンタイプのベースラーメンも存在していました。

ベースパスタ・ベースラーメンの改良型がベースヌードルというわけです。

 

ちなみにラーメン凪とベースフードがコラボして、ラーメン凪の店舗限定のベースラーメンも販売しています。

ラーメン凪の特徴でもある煮干しだしを使用したベースラーメンです。

ベースラーメン

さらにナチュラルローソンでは、ベースパスタクイックというベースパスタのカップ麺バージョンが販売されていました。

通常のカップ麺同様、BASEPastaQUICKもお湯を注いで待つだけで完成です。

どのベースフードシリーズにおいても手軽に栄養補給できるというのが特徴です。

ベースフードの会社概要

そんなベースフードですが設立は2016年4月5日で、発足から4年程度とまだまだ若い会社です。

ベースフードの社長は橋本舜社長です。

新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、様々な新規事業の立ち上げに関わってきました。

その後、現代人の健康意識に着目し、手軽に栄養補給できる食品を開発するためベースフードを立ち上げました。

ベースフードの詳しい会社概要についてはこちらの記事をご覧ください。

>>【会社概要】ベースフード株式会社について詳しく

それでは、ベースフードの口コミや評判を見ていきましょう。

ベースフードの口コミ・評判│まずい?美味しい?

ベースフードの口コミ・評判│まずい?美味しい?

ベースフードの口コミや評判を見ていると多くの感想が寄せられていました。

もちろん良い口コミが多いのですが、一方で一部悪い口コミもありました。

ベースフードの悪い口コミ

まずはベースフードの悪い口コミについて見ていきましょう。

味は改良の余地あり

低価格で栄養摂取ができるのでコスパは良いと思います。

ただ、残念ながら味はもう少し改良した方がいいかなと。

食べてるとすぐに飽きがきてしまうんですよね。

それが解消されればもっと食べやすくていいんですけど。

正直好みが分かれる

これは正直好みが分かれると思います。

私はちょっと苦手でした。

食感にちょっと癖があるんですよね。

普通のパスタと思って食べると違和感があります。

濃いめのソース使って食べた方がいいですよ。

このように人によっては、「合わない」「まずい」というような口コミが見受けられました。

ベースフードの良い口コミ

一部悪い口コミもありましたが、数としては良い口コミの方が多数でした。

手軽に栄養が摂れる

飽きずに続けられています。

なんといっても食べやすいからですね。

仕事が忙しい中で手軽に栄養が摂取できるのはかなり助かっています。

これからも続けて理想の体になれるよう頑張っていきたいです。

コンビニ飯からベースフードにしたら…

いつも時間がないときはコンビニのパンやおにぎりに頼っていました。

でも、それをベースブレッドに変えるだけで栄養が補えるようになるんですよね。

変にコンビニ飯を取るよりも全然健康的です。

アレンジをすれば飽きずに食べられます。

これからもずっと続けていきたいです。

ボリューミーで満足感あり!

ベースブレッドはほんのり甘く、それでいて香ばしいので何にでも合います。

電子レンジで温めるとふんわりするのでより美味しくなりますよ。

結構ボリューミーなので一食で十分に満腹感があります

理想の体型を目指してこれからも続けて行こうと思います。

お腹も良い感じに

栄養を取りたくてベースヌードルを試してみました。

ベースヌードルはかなり満足感を得られるので、間食をせずに済みます。

お腹の調子もいい感じ

色々アレンジすればもっと味を楽しめそうですね。

 

味の好き嫌いはどうしても個人差があるので、中には「まずい」という人もいます。

ですが大半の場合は美味しく食べられますよ。

味に飽きてしまってもいろんなアレンジができるので、味を変えてべースフードを楽しむこともできちゃいます。

>>【栄養満点】ベースフードを試してみる

※現在、50%OFFキャンペーン実施中です。

ベースフードをガチレビュー!味や腹持ちは…

ベースフードをガチレビュー!味や腹持ちは…

筆者も実際にベースブレッドベースヌードルを食べてみました!

ベースフードをレビューして、リアルな味や感想、腹持ち具合をお伝えしていきます。

【レビュー①】ベースヌードルを実食!

【レビュー①】ベースヌードルを実食!

まずはベースヌードルのレビューをしていきます。

ベースヌードルは熱湯で3分茹でれば完成です。

あとは好きなパスタソースをかければすぐに食べられます。

手軽に栄養摂取できると謳っていることもあり、たった3分で栄養満点のご飯が食べられるのはかなり嬉しいポイントですね。

ベースヌードルの味は…

肝心な味はどうでしょうか。

正直パスタと思って食べると、「なんか違うな」という感じですが、ベースヌードルというもので考えれば割といける味です。

食感や味はそばに近いでしょうか。

そのため、パスタソース以外にもめんつゆなどの和風アレンジとも相性がいいですよ。

パスタソースで食べる場合は、ボロネーゼ、ミートソースなどのトマトベースのソースと非常によくあいます。

一方、カルボナーラなどのクリーム系ソースとは相性が悪いので注意してください。

ベースヌードルの腹持ちはどう?

腹持ちについてですが、一食で結構なボリュームがあるので満腹になります。

食物繊維も豊富なことから満腹感もかなり持続し、間食なしでも十分に耐えられます。

ベースヌードルは377キロカロリーなので、摂取カロリーも抑えられます。

おかずなしでベースヌードルだけであれば、かなりカロリーを削減することもできますね。

置き換えダイエットとしても使えるのではないでしょうか。

なにより間食をしなくていいというのが大幅なカロリー削減ポイントです。

【レビュー②】ベースブレッドを実食!

【レビュー②】ベースブレッドを実食!

続いてベースブレッドのレビューをしていきます。

ベースブレッドは調理の必要なく食べられるので、ベースヌードルよりも時短が可能です。

0秒で食べられるのがベースブレッドのいいところですね。

電子レンジ500Wで50秒温めると、ふんわり感が増してより食べやすくおいしくなります。

ベースブレッドの味はどう?

ベースブレッド単体で食べると、ほんのり黒糖・ほんのり香ばしい風味です。

黒糖が入ってるわけではないのですが、これが全粒粉パン特有の風味というわけです。

ベースブレッドはアレンジ多彩で、デザート風にもお惣菜風にも食べられます

例えばフルーツサンドにして食べたり、ハンバーグを挟んでハンバーガーとして食べることも可能です。

実際に筆者はセブンイレブンのハンバーグを買ってきて、はさんで食べたりもしました。

またコロッケバーガーも試しましたが、パンとの相性が非常に良く美味しく食べられましたよ。

給食のコロッケバーガーの味を思い出し懐かしい気分にも浸れました。

ベースブレッドの腹持ち具合は?

ベースブレッドも腹持ちが非常によく、間食なしで日中を過ごすことができます

ベースブレッドは2個入りなのですが、一個でも十分なボリュームがあるので、二個食べると割とお腹いっぱいです。

お腹がすいて余計なものを食べちゃうということもないので、ダイエット食としても適していると思います。

>>【アレンジ多彩】ベースフードでダイエットを始める!

ここまでベースブレッド・ベースヌードルの口コミ・評判を見てきました。

口コミからベースブレッド・ベースヌードルのメリット・デメリットが明らかになってきました。

ベースフードのメリット・デメリット

ベースフードのメリット・デメリット

ベースフードのメリット・デメリットからmベースフードはどんな人におすすめなのかということを紹介していきます。

ベースフードのデメリット

まずはベースフードのデメリットです。

・好みが分かれる

・量が多い

味は好みが分かれる傾向があります。

普通のパスタやパンだと思って食べると、味の違和感はどうしても抱いてしまいます。

普通のパンやパスタのように食べたいという人にはお勧めできません。

また量が多いので、少食な人はすぐに満腹になってしまう可能性があります。

ベースフードのメリット

続いてベースフードのメリットです。

・手軽に栄養を摂取できる

・調理をする手間が省ける

・アレンジが利く

・ボリューミーで満腹感がある

・コスパがいい

デメリットよりもメリットの方が多く、買う価値は十分にあります。

好みが分かれてしまう味ですが、アレンジをすれば十分にカバー可能です。

また量が多いというデメリットは、裏を返せばボリューム満点で満腹感が得られるというメリットでもあります。

両方とも腹持ちがよく、間食をしなくなるのでダイエットにも最適です。

ベースフードをおすすめしない人

メリット・デメリットから、ベースフードがおすすめできない人の特徴が明らかになりました。

ベースフードおすすめしない人の特徴にはこのようなものがあります。

  • 好き嫌いが激しい人
  • 普通のパンやパスタの食感を楽しみたい人

ベースフードがおすすめの人

一方ベースフードがおすすめの人の特徴は以下の通りです。

  • アレンジを楽しみたい人
  • 料理の手間を省きたい人
  • 食事の時間を削りたい人
  • 手軽に栄養摂取したい人

ものすごく味にこだわりがあるとベースフードは厳しいです。

しかし、逆に言えばそれ以外の人にとってはベースフードは強力な味方になってくれます。

3分以内で手軽に栄養が摂れるというのは、忙しい現代人にとって代え難いパートナーとなってくれますよ。

>>ベースフードで手軽に栄養補給する

※現在、50%OFFキャンペーン実施中です。

さて、手軽に栄養補給ができるベースフードですが、実際の栄養価はどれぐらい含まれているのでしょうか?

【完全栄養食】ベースフードの栄養価は?

【完全栄養食】ベースフードの栄養価は?

ベースブレッド・ベースヌードルにはどれくらいの栄養が含まれているのかを調べました。

ベースヌードル(パスタ) ベースブレッド
エネルギー 337kcal 441kcal
たんぱく質 31.5g 28.1g
脂質 10.8g 11.8g
炭水化物 40.1g 51.4g
食塩相当量 0.5g 2.17g
ビタミンA 715µg 353µg
ビタミンB1 1.5mg 0.8mg
ビタミンB2 1.2mg 0.6mg
ナイアシン 15.8mg 18.1mg
パントテン酸 5.5mg 2.4mg
ビタミンB6 1.5mg 0.9mg
ビオチン 22µg 17.4µg
葉酸 292µg 222µg
ビタミンB12 2.3µg 0.8µg
ビタミンC 162mg 102mg
ビタミンD 4.7µg 2.5µg
ビタミンE 7.7mg 2.8mg
ビタミンK 74.1µg 52.8µg
カルシウム 280mg 228mg
クロム 8.5µg 3.7µg
0.5mg 0.4mg
ヨウ素 91.5µg 50.7µg
3.7mg 3.2mg
マグネシウム 168mg 145mg
マンガン 2.3mg 3.3mg
モリブデン 64.1µg 180.5µg
リン 385mg 365mg
カウリム 2522mg 933mg
セレン 15.1µg 24.7µg
亜鉛 4.1mg 3.3mg

どちらを食べても1日に必要な必須栄養素を十分にまかなうことができます。

より細かな点に着目するとそれぞれこんな特徴があります。

【ベースヌードル】

  • カロリーが低い
  • タンパク質が多い
  • 脂質が少ない
  • 食物繊維が多い

ダイエットをしている人・筋トレをしている人に向いている!

【ベースブレッド】

  • ベースヌードルより少しカロリーが多い
  • 脂質が少しだけ多め
  • 炭水化物が多め

体重を増やしたい人、体を大きくしたい人、腹持ちをよくしたい人に向いている!

ベースブレッドの原材料

小麦全粒粉
還元水飴
小麦たんぱく
大豆粉(遺伝子組換えでない)
もち米
発酵種(小麦を含む)
鶏卵
米ぬか
小麦胚芽
バター
食用こめ油
チアシード
パン酵母
米酢
食塩
小麦粉
海藻粉末
粉末油脂(大豆を含む)
真昆布粉末
サトウキビ抽出物
酵母/調味料(無機塩)
酒精

ベースヌードルの原材料

小麦全粒粉
小麦たんぱく
大豆粉(遺伝子組換えでない)
卵黄粉末(卵を含む)
米ぬか
小麦胚芽
もち米
アマニ油
でん粉
米酢
調味酢
卵白粉末
海藻粉末
粉末油脂
真昆布粉末
サトウキビ抽出物
酵母
加工でん粉
酒精
調味料(無機塩)
栄養強化(ビタミン群)

ベースフードの美味しい食べ方【アレンジレシピ】

ベースフードの美味しい食べ方【アレンジレシピ】

続いて、べースフードをおいしく食べるためのアレンジレシピを紹介しています。

口コミでもありましたが、アレンジをすることで飽きずに美味しく続けることができますよ

ベースフードのアレンジレシピにはこのようなものがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みきけろ(@mikikero2017)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi♡腸活!糖質制限生活🌿(@m_ayu_ayu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi♡腸活!糖質制限生活🌿(@m_ayu_ayu)がシェアした投稿

もっとたくさんベースフードのアレンジ・食べ方が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

>>ベースフードのアレンジレシピをもっと見る

ここまでベースフードの口コミや映画などをお伝えしてきましたが、他の完全栄養と比べてみるとどうでしょうか。

【比較】ベースフードvs他の完全栄養食

ベースフードと他者の完全栄養食を比較してみました。

今回比較したのは価格と栄養面についてです。

比較はこの4商品で行っていきます。

  • ベースフード
  • COMP
  • Huel
  • 日清 all-inシリーズ

完全栄養食比較①価格

まずは価格面での比較です。

ベースブレッド 1食390円
COMP 1食417円
Huel 1食246円
日清 All-in シリーズ 1食600円

完全栄養食比較②栄養価

続いて栄養価を比較していきます。

All-in NOODLES ベースブレッド COMP Huel
エネルギー 333kcal 441kcal 400kcal 400kcal
たんぱく質 25.9g 28.1g 15g 29g
脂質 12.1g 11.8g 13g 13g
炭水化物 34.1g 51.4g 59g 44g
食塩相当量 1.1g 2.17g 0.7g 0.71g
ビタミンA 711µg 353µg 210µg 180µg
ビタミンB1 7mg 0.8mg 0.5mg
ビタミンB2 6.6mg 0.6mg 0.6mg
ナイアシン 77mg 18.1mg 6mg 3.2mg
パントテン酸 14.4mg 2.4mg 2.2mg 1.2mg
ビタミンB6 3.4mg 0.9mg 0.6mg 0.34mg
ビオチン 17.5µg 17.4µg 14µg 10µg
葉酸 294µg 222µg 65µg 80µg
ビタミンB12 8.1µg 0.8µg 1.1µg 0.8µg
ビタミンC 292mg 102mg 45mg 60mg
ビタミンD 26.2µg 2.5µg 2.5µg 2µg
ビタミンE 245.6mg 2.8mg 2.9mg 3mg
ビタミンK 74µg 52.8µg 41µg 33µg
カルシウム 580mg 228mg 185mg 260mg
クロム 48µg 3.7µg 14µg 8µg
0.6mg 0.4mg 0.3mg 2.6mg
ヨウ素 392µg 50.7µg 47µg 30µg
7.6mg 3.2mg 2.8mg 8mg
マグネシウム 148mg 145mg 87mg 90mg
マンガン 1.6mg 3.3mg 1mg 1.3mg
モリブデン 23µg 180.5µg 7µg 33µg
リン 334mg 365mg 220mg 364mg
カウリム 2880mg 933mg 695mg 700mg
セレン 45µg 24.7µg 8µg 20µg
亜鉛 5.1mg 3.3mg 2.4mg 3.6mg

より詳しい比較についてはこちらの記事で行なっていますので、あわせてチェックしてみて下さい。

>>ベースフード VS 他の完全栄養食の比較を見る

ところで、ベースブレッド、ベースヌードルはどこに売ってるのでしょうか?

ベースフードはどこで売ってる?│販売店一覧

ベースフードはどこで売ってる?│販売店一覧

ベースヌードルベースブレッドはどこに売っているのか販売店を調べてみました。

今回調査したのは、ドラッグストアやスーパーなどの店頭と、ネット通販サイトであるAmazonと楽天市場です。

ドラッグストア・スーパーなどの店頭販売

まずはドラッグストアやスーパーなど、店頭販売がされているか調査しました。

ドラッグストアではマツモトキヨシやサンドラッグ、ウエルシア、ココカラファインといった大手ドラッグストアを調査しました。

スーパーではイオン・ダイエー・西友・マックスバリュといったスーパーをリサーチをしました。

しかし、いずれのドラッグストアやスーパーにもベースフードは販売していませんでした

Amazon、楽天市場

それでは、ネット通販サイトであるAmazonや楽天市場ではどうでしょうか。

Amazonでは取り扱いがありましたが、楽天市場では販売していませんでした

販売店に関する詳しい情報はこちらの記事でも解説しています。

より詳細に知りたい方は是非ご覧ください。

>>ベースフードの詳しい販売店舗をチェックする

 

では、ベースフードはAmazonの買えばいいのかと言うと、実はそうではありません。

なぜかと言うと…。

【最安値】ベースフードがお得に買えるのは公式サイト

【最安値】ベースフードがお得に買えるのは公式サイト

ベースフードアマゾンで買うべきではない理由、それは公式サイトで買った方が安いからです。

ベースフードは公式サイトで買うのが最安値だったんです。

他にも公式サイトで買うメリットが存在します。

公式サイトで買うメリット

ベースフードを公式サイトで買うメリットにはこのようなものがあります。

  • 最大50%オフで買える
  • お試しコースがある
  • 管理栄養士からアドバイスがもらえる
  • いつでも解約可能

公式サイトで買うサイトのメリットは、最大50%オフで買えるという点です。

ベースヌードル・ベースブレッド共に通常価格一食390円ですが、定期コースなら初回限定で50%オフの一食195円で購入することができます。

初回注文の個数が多ければ多いほど50%オフの恩恵を受けられるので、まとめ買いがかなりお得となります。

 

また、定期コースは継続回数の縛りがなくいつでも解約可能です。

1回の申込限りで解約することも可能なので、50%オフを適用してすぐ解約することもできちゃいます。

解約方法に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

事前に解約方法も知りたいという方はぜひご覧ください。

>>ベースフードの定期コース(継続コース)について詳しくチェック

 

「いきなり定期コースを注文するのはハードルが高い」という人のために、お試しコースも用意されています。

お試しコースにはベースブレッドとベースヌードルが両方セットになっているので、まずは一回食べてみたいときはお試しコースがおすすめです。

まとめ:ベースフードは試す価値あり!

まとめ:ベースフードは試す価値あり!

1食で必要な栄養をカバーできるベースフード。

「まずい」「美味しくない」という悪い口コミもありますが、正直個人の味覚に寄ります。

それよりも「時短になる」「手軽に栄養補給ができる」「アレンジが楽しい」「献立を考える手間が省ける」といったメリットの方が圧倒的に強く、多くの人から評判を集めています。

  • 食事の時間を削って自分のやりたいことに時間をかけたい
  • 献立を考える手間をなくしたい
  • 色々アレンジしてSNSに投稿したい
  • 健康的な食生活を送りたい

そんな人にベースフードは向いています。

2020年2月現在、50%OFFキャンペーン中なので、始めるなら今がお得です。

ベースフードを試してみたい人は是非どうぞ。

>>【50%OFFキャンペーン中】ベースフードを試してみる