ベースフードの会社概要│上場から海外進出まで行う完全栄養食のパイオニア

ベースフードの会社概要│上場から海外進出まで行う完全栄養食のパイオニア

ベースブレッドやベースヌードルという完全栄養食を販売している食品会社、ベースフード。

「健康を当たり前にする」というビジョンの元、設立されました。

日本の完全栄養食の先駆者として完全栄養食を展開し、今では多くの人に食べられています。

そんなベースフード株式会社について、まずは会社概要や沿革を見ていきましょう。

ベースフードってどんな会社?会社概要から解説

ベースフード株式会社はどんな会社なのか、以下の点から見ていきます。

・ベースフードの会社概要
・ベースフードの沿革
・ベースフード社長、橋本舜さんについて

ベースフードの会社概要

ベースフードの会社概要は以下の通りです。

販売事業者
ベースフード株式会社
販売事業者所在地
〒153-0061 東京都目黒区中目黒5-25-2
代表者
橋本 舜
ホームページ
https://basefood.co.jp
メールアドレス
contact@basefood.co.jp
電話番号
0800-123-5610(通話料無料)
受付時間 10:00-18:00(土日祝を除く)
設立日
2016年4月5日
※未上場です。

ベースフードは2016年に設立され、まもなく4年が経とうとしています。

設立からの4年間、どのような歩みでベースフードは成長してきたのでしょうか。

ベースフードの沿革

ベースフードは、現社長の橋本舜さんが1人で開発していたところからスタートしました。

「健康な食事が大切だと思っているのに、良い選択肢がない」

「美味しく健康的なものが毎日食べられるようにしたい」

そんな思いから、ベースフードの開発は始まりました。

ベースフードの開発

橋本舜さん自身も、かつては栄養を気にかけながらも適当に食事を済ませてしまう一人でした。

ベースフードの開発を始めた頃はアパートのキッチンで試行錯誤を続ける日々だったといいます。

ベースとなる商品が何もないなか、ゼロから商品開発をしていたんですね。

知識や経験が全くない中、栄養士の教科書を読んだり食品業界にアポを取ってアドバイスを貰いに行くなどの、細かい行動を積み重ねていったんです。

色んな種類の小麦粉や栄養素を混ぜ、試行錯誤を何度も何度も繰り返すことで、ようやくベースパスタを作りあげたということです。

そこからクラウドファンディングで商品開発・生産の資金を集めて、ベースパスタを商品化しました。

BASE PASTA(ベースパスタ)誕生

会社設立から約1年、2017年2月22日にいよいよBASE PASTA(ベースパスタ)が一般に販売されました。

同時に、イタリアンの名店「ペペロッソ」でもコラボメニューが提供されていたんですよ。

ベースパスタは世界初の完全栄養食パスタとして販売され、じわじわと知名度を高めていきました。

その後、ベースパスタは商品のバリエーションを増やし、2017年9月にはパスタソースや細麺バージョンのベースパスタをリリース。

2017年10月には2017年度グッドデザイン賞を受賞を受賞するほどに。

同月の25日には、1億円の資金調達を実施し、さらなる開発力強化に乗り出しました。

2018年2月には「完全栄養即席パスタBASE PASTA quieck(ベースパスタクイック)」がナチュラルローソンにて発売されました。

栄養が偏っていて不健康という従来のカップ麺の概念を覆す、画期的な完全栄養食カップ麺で話題もなっています。

ダイエットプログラムやコラボ商品も

2018年5月には、BASE PASTA CAMP(ベースパスタキャンプ)という、完全栄養食パスタで理想の体を目指すダイエット・ボディメイクプログラムを開催しました。

このプログラムはのちに「BASE FOOD CAMP(ベースフードキャンプ)」に発展し、多くの参加者を集めることに成功しています。

ベースフードキャンプについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>ベースフードキャンプについて詳しく解説!

その後もベースフードは躍進を続け、様々なコラボ商品を出すようにもなりました。

2018年6月にはUber Eatsとコラボしてサラダパスタを販売したり、2018年12月にはラーメン凪とコラボして「BASE RAMEN(ベースラーメン) すごい煮干し」というコラボラーメンも登場しました。

2019年には恵比寿コンテナで期間限定のベースフードカフェもオープンしました。

>>ベースフードカフェについて詳しく解説!

また、2019年12月4日(水)~2020年1月29日(水)の期間限定で、人気ハンバーガー店「Burger Mania(バーガーマニア)」とコラボして「BASE BURGER(ベースバーガー)」を出したりもしていました。

ベースブレッド、ベースヌードル誕生

2019年3月4日、いよいよBASE BREAD(ベースブレッド)が販売されることに。

2019年7月1日には、これまでのベースパスタをリニューアルして、BASE NOODLE(ベースヌードル)として生まれ変わりました。

パスタとしてだけでなく、蕎麦やラーメン、焼きそば風にも楽しめる、アレンジ多彩な完全栄養食になったんですね。

同時にベースブレッドもリニューアルし、これまで冷凍保存しかできなかったのが常温保存が可能になったり、味の改良も施されました。

その後さらなる資金調達を行い、4億円もの資金を元手にさらなる生産力の強化に乗り出しました。

資金調達のバックには、なんと楽楽天株式会社(楽天ベンチャーズ)も存在し、ベースフードの影響力が強まっていることが分かります。

その後、オフィスに販売経路を展開するために「BASE FOOD STAND(ベースフードスタンド)」というサービスを提供したり、アメリカでベースヌードルを販売するなど、多角的に販路を広めました。

その結果、2019年11月にはベースヌードル、ベースブレッドの累計販売食数が100万食を突破。
ベースフード株式会社は怒涛の勢いで成長を続けています。

スポンサー契約やスポーツ支援も

2017年10月に、アスリート集団YAGI PROJECTとスポンサー契約を結んでいます。

それだけでなく、2020年1月より、「BASE SPORTS PROJECT(ベーススポーツプロジェクト)」というスポーツ選手をサポートするプロジェクトも発足しました。

「BASE SPORTS PROJECT(ベーススポーツプロジェクト)」は、スポーツ選手の食生活にベースフードを活用してもらうことで、日々の食事管理・栄養バランスに悩む選手を支援するプログラムとなっています。

このように一般人の健康麺をサポートするだけでなく、スポーツ選手の健康面までサポートするようになるなど、ベースフード確実にその規模を拡大しています。

※参考:https://amp.review/2018/05/14/caloriemate-basefood/
※参考:https://docs.google.com/document/d/1sEcqXYC4m-PeDH_CI3sLxmKbM-4zTQlY0Bj9KzKml8c/edit
※参考:https://jp.techcrunch.com/2017/10/25/base-food-fundrasing/

ベースフードの橋本社長について

橋本舜さんという方がベースフードの社長なのですが、橋本舜さんは一体どのような人なのでしょうか。

橋本舜さんは東京大学教養学部を卒業しており、新卒でDeNA(ディーエヌエー)に入社し、様々な新規事業の立ち上げに関わってきました。

月商10億円規模のソーシャルゲームのプロジェクトに関わったり、新規事業の駐車場シェアリングサービス 『akippa』 の立ち上げ支援やロボットタクシーの立ち上げに関わったりもしてきた実力派のビジネスマンです

はじめは遊びのように始めたという麺作りも、試行を重ねるにつれてビジョンが変わり、「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」という状態を目指すようになりました。

DeNAで働く傍ら、仕事終わりや土日を使ってベースフードの開発に着手していたとのこと。

2016年4月に独立し、ベースフード株式会社を立ち上げ、本格的にベースフードに開発に乗り出していったというわけです。

ベースフードはメディア出演も多数で知名度アップ

着々と知名度と人気を獲得しているベースフードですが、メディア出演も多数あります。

【メディア出演実績】
ガイアの夜明け
WBS(ワールドビジネスサテライト)
クローズアップ現代
NHK ニュースシブ5時
めざましテレビ
Abema Prime
日本経済新聞
日経MJ
exciteニュース
BUSINESS INSIDER(ビジネスインサイダー)
lifehacker(ライフハッカー)
AXIS(アクシズ)
カカクコムマガジン
キャリアハック
女子SPA!
TechCrunch(テッククランチ)
WIRED(ワイアード)
Hanako(ハナコ)
ELLE gourmet(エル・グルメ)
料理王国
Tarzan(ターザン)
PRESIDENT(プレジデント)
anan(アンアン)
GLITTER(グリッター)
宣伝会議

テレビ出演だけでなく、Webメディアでの特集や雑誌掲載も何度もされています。

それだけ完全栄養食やベースフードに関する意識や関心が高まっているということですね。

※参考:https://basefood.co.jp/magazine/column/4244/

ベースフードは求人中!採用活動も活発

どんどん市場規模を拡大してきているベースフードは、現在求人中で採用活動も積極的に行っているということ。

興味のある人は覗いてみてください。

【募集職種】
■開発営業/正社員
業務内容
・ベースフードの既存プロダクトをベースにしたアライアンス用商品開発
・アライアンス先企業(主に販売チャネル)との商品開発プロジェクトの推進
・商品情報、規格書類の準備と対応
・価格交渉、契約書締結業務
・工場での試作、商品発売までの生産安定化
・商品改善のための代替原材料の検討・試作
・麺、パンの国内/海外工場の立ち上げ

求める人物像
・ベースフードのビジョン、ミッション、バリューに強く共感する人
・まだ世の中にない商品を多くの困難を乗り越えて生み出したい情熱をもつ人
・様々な立場のステークホルダーとのwin-winをゼロからつくりだせる人

必須スキル、経験
・大卒以上(理系推奨)
・外部との交渉、契約締結業務の経験
・新規事業、プロダクト(食品以外も含む)開発のプロジェクトオーナー経験
・PCスキル(エクセル、ワード、パワーポイント、gmail、google Drive、googleカレンダー)

歓迎するスキル、経験
・英語(日常会話以上)

■品質管理/正社員
業務内容
・使用する原材料、添加物の選定/管理の基準策定
・商品リリースを判断するための検査項目ルール策定(衛生面、栄養面)
・製造委託先の選定基準の策定
・製品品質を担保するための仕組みづくり
・各製品の殺菌工程や品質維持のための助言
・官能検査/微生物検査/理化学検査(外部委託)の設計と実行
・パッケージ表記が法律に準拠できているかの確認業務

求める人物像
・IT技術を駆使して、世界初の革新的な品質管理システムに構築を追求できる人
・新たな衛生管理手法・栄養管理手法構築へ情熱を持つ人
・複雑なものを整理し、効率的な仕組み作りが好きな人

必須スキル、経験
・大卒以上(理系推奨)
・HACCPの知識と運用経験
・理化学検査/微生物検査の知識を持っていること
・PCスキル(エクセル、ワード、パワーポイント、gmail、google Drive、googleカレンダー)

■バックエンドエンジニア(業務委託・正社員)
業務内容
* Laravelを使用したバックエンド開発

概要
食品ベンチャーの自社WEBサービスのスクラム開発です。新規機能の開発、管理をお願いいたします。
スタートしたばかりのプロジェクトなので新しい意見や技術を取り入れてより良いサービスを作る手伝いをお願いします。

求める人物像
* 仕様を把握し確実な組み込みができる
* 新しい技術に対して前向きである

必須スキル
* Laravelを使っての実務経験
* Vue.jsを使っての実務経験

推奨スキル
* Nuxt.js
* AWS
* docker
* Shopify
* GraphQL

■Webデザイナー、UI/UXデザイナー、グラフィックデザイナー(インターン・業務委託・正社員)
業務内容

* Webサイトのデザインや、サービスのUI/UX設計
* Adobe XD、Photoshopなどを使ったデザイン制作
* 写真の撮影や補正、コンテンツの更新によるデザインアップデート
* アイコンやロゴ、バナーなどの作成
* 販促物・印刷物のデザイン制作

求める人物像

* コーディングを理解し、それを踏まえた設計・デザインができる
* ユーザーの行動や感情を想像し、考慮したデザインができる
* コンセプトやデザイン意図を説明できる
* 要素の大きさや間隔など、細部にも意図を持ってデザインできる
* 積極的にインプットができ、自分の引き出しにできる
* Web、ITに関するトレンドを把握し、高いITリテラシーがある

必須スキル

* Adobe Photoshop
* スマートオブジェクトやマスクの使用スキル
* Adobe Illustrator
* Adobe XD
* 上記ツールを使ってのデザイン実務経験
* HTM/CSSのコーディングに関する知識
* 実際にコーディングできるかは問わない
* bootstrapなどのフレームワーク、ライブラリへの理解

推奨スキル

* HTML/CSSのコーディングスキル
* モバイルAppなどのUI/UXデザイン経験
* 写真撮影スキル

※参考・引用:https://basefood.zendesk.com/hc/ja/articles/360029933732-%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%81%B7%E7%A8%AE%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-20-1-16-%E6%9B%B4%E6%96%B0-

ベースフードの今後の展望

拡大を続けるベースフードですが、今後も幅広い展開が予想されます。

たとえば、このような展開があるかもしれません。

・カロリーメイトとコラボ
・海外進出エリアを拡大

カロリーメイトとコラボ

ベースフードとカロリーメイトがコラボする日も近いかもしれません。

というのも、ベースフード社長の橋本舜さんと、カロリーメイト開発者の江本三男さんが対談をしたり、個人的に連絡を取っているという話もあるからです。

ベースフード橋本舜さんとカロリーメイト江本三男さんとの対談の中で、「僕も橋本さんのミッションを叶えるためのパートナーのような気持ちでいる」と話しています。

それだけでなく、橋本舜さんと江本三男さんは定期的に意見交換もしているということです。

ということは、完全栄養食ベースフードとバランス栄養食カロリーメイトがコラボしたり、共同開発商品が生まれる日も近いかもしれません。

※参考:https://amp.review/2018/05/14/caloriemate-basefood/

アメリカ進出により、他の海外進出も

ベースフードは2019年9月より、アメリカでの商品販売を始めました。

アメリカ進出にあたり、成分や栄養素もアメリカにローカライズしたバージョンで商品開発がなされました。

アメリカ進出の際のメディアイベントでも、多くのメディアの注目を集めていました。

アメリカにあるラーメン凪で出店されている、Base Noodlesを使ったラーメン「Base Veggie King(ベースベジキング)」も好評を博しています。

これらのアメリカでの実績をもとに、今後海外進出の幅を広げていくと考えられます。

もともとベースフードは設立当初より海外進出を目指していました。

また、ベースヌードルのアメリカ進出時に橋本舜さんは「もともとアメリカや中国でも展開できるようなビジネスモデルで活動している」とも発言しています。

このことから、今後中国をはじめとする海外諸国に展開されるのは間違いないとみても良いでしょう。

まとめ:ベースフードは完全栄養食のパイオニア

完全栄養食のパイオニアとしてその影響力を広めてきたベースフード。

これまで様々なコラボや海外進出などをしてきました。

今後もさらなる勢力拡大が期待されています。

アメリカ意外への海外進出や、会社の上場も大いにあり得ます。

今後のベースフードの拡大に期待ですね!

なお、ベースフードの商品「ベースブレッド」「ベースヌードル」に関する情報はこちらの記事で詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

>>評判など、ベースフードについて詳しく知る